LINE公式アカウントにて最新情報を配信中!

名前を通して自分をもっと大好きになる子どもたちを増やそう!

【3名限定!】氏名から使命を紐解くグループ鑑定セッションをはじめます!

「日本人の子育て観」について(藍さんのエピソード)【ナマイキ(名前を生きる)プロジェクト】vol.84

 
この記事を書いている人 - WRITER -
名前を通して自分をとっても好きになる子どもたちを増やそう!『世界で一番素敵な言葉』(作詞・作曲/安達充)から始まった一大プロジェクト。「名前を通して自分をとっても大好きになる子どもたちを増やそう!」を合言葉に、自己肯定感を高める活動を展開しています。令和3年3月3日、『世界で一番素敵な言葉』(歌/癒シンガーKeiko)がユニバーサルミュージックからCD全国リリース。全国の小中学校にて【講演/安達充、歌/癒シンガーKeiko】の特別授業も行っています。

藍さんの名前の由来

母より藍という字が好きで、
藍は青より出でて青より青しという言葉から、親を超えてほしいとの意味があるそうです。

「日本人の子育て観」について

使命を知って、子育てしていこう!
「ナマイキ😎(名前を生きる)プロジェクト」動画vol.84。
今回は「藍(あい)」さんのエピソードを通して、変則的に「日本人の子育て観」について語ってみました。
 
なぜ日本人は子どものことを「息子」「娘」と呼ぶのか。
漢字で書いてしまうと何も見えてきませんが、やはり日本語は音に深い意味があります。
「息子(むすこ)」「娘(むすめ)」の音を見ていくと、そこには「むすび」というキーワードがあることに気づきます。
 
実は、父と母が結(むす)ばれてこの世に生まれるので「むすこ」「むすめ」と言うんですね。
でも、それだけではとどまらない深いメッセージがそこにあるのを是非知ってほしいです。
現在、子育て中の方は今回の動画は特に必見です!

「あ」の歌&解説メッセージ

 
ナマイキプロジェクトからのお知らせ

『世界で一番素敵な言葉』のCDが全国リリースされました!

「名前」とは生まれて一番初めに贈られるプレゼント。
そして、人生のうちで最も多く目にし耳にし口にする言葉。
1人のために歌を贈るシンガーソングライター安達充が作詞作曲を手掛け、癒シンガーとして活動するKeikoが歌う『世界で一番素敵な言葉』が、ユニバーサルミュージックから全国リリース。

癒シンガーKeiko 世界で一番素敵な言葉
発売日:令和3年3月3日
価格:2,200円(税込)

世界で一番素敵な言葉

世界で一番素敵な言葉 Full version

 

名前の由来・エピソードをたくさんご紹介しています

 
50音の文字をクリック(タップ)すると、該当する音が含まれる名前の一覧へ移動します。
 
この記事を書いている人 - WRITER -
名前を通して自分をとっても好きになる子どもたちを増やそう!『世界で一番素敵な言葉』(作詞・作曲/安達充)から始まった一大プロジェクト。「名前を通して自分をとっても大好きになる子どもたちを増やそう!」を合言葉に、自己肯定感を高める活動を展開しています。令和3年3月3日、『世界で一番素敵な言葉』(歌/癒シンガーKeiko)がユニバーサルミュージックからCD全国リリース。全国の小中学校にて【講演/安達充、歌/癒シンガーKeiko】の特別授業も行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナマイキプロジェクト , 2020 All Rights Reserved.